14岁

出版社:講談社
出版日期:2007-1-15
ISBN:9784062137997
作者:[日]千原ジュニア
页数:189页

内容概要

千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年3月30日 - )は、京都府福知山市出身のお笑い芸人、司会者、俳優。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。コンビ「千原兄弟」のボケを担当(本籍は、父親と同じ京都府舞鶴市である)。京都共栄学園中学校卒業。初芝高等学校中退。NSC8期生(卒業はしていない)。2005年、芸名を千原ジュニアに正式に改名。

作者简介

出版社/著者からの内容紹介
幻の自伝的小説、ついに単行本化!
人生最悪の14歳、引きこもり少年は"自分探し"の旅に出た。
これは、ある14歳の物語。
パジャマを着た少年の物語。
僕自身の物語。
僕はもう何ヵ月もパジャマ暮らし。
パジャマの少年を不思議がる人たちの視線にも
慣れている。(本文より)
内容(「BOOK」データベースより)
人生最悪の14歳。それでも彼の答えに“死”はナイ。幻の自伝的小説。
こんなに壮絶な話をこんなに淡々と書いているというところに、彼の14歳がいかに厳しいものだったのかというものをうかがい知ることが出来る。  物語のすべては1人称。「僕」の言葉で「僕」が感じたことを直球で投げられてる感じ。背景とか理由とか何も語らず、ただ14歳の少年の話。いろんなしがらみとか、大人の勝手な考えとか、そう言うことじゃなくて、14歳の少年の話。最近社会問題とされていることが解決できない理由がちょっと分かる気がしてくる。  自分は、壁に穴を開けたことも、ドアに鍵をかけたことも、パジャマで過ごしたことも、殴り合いだってしたことはない。そういう人の気持ちは今まで全然分からなかった。でもなぜかこの本は共感できる部分が多い。自分とはまったく正反対の人生なのに…みんなに手にとって欲しい本だって心から思ったのは久しぶりです。わけが分からない14歳の少年の頭の中は意外と自分に近いかもしれないですよ。


 14岁下载



发布书评

 
 


精彩短评 (总计1条)

  •     日文原版书看的并不多但看过的作品里面觉得文笔最流畅的就是千原弟了,与其说写的有画面感不如说他能把画面感准确流畅的表达出来,不愧是公认的talk上手。好看,好看到不敢再看他別的作品。
 

励志,人际与社交,都市,贸易政策,自学考试,数学,智力开发,大陆漫画图书下载,。 PDF搜索网 

PDF搜索网 @ 2019